メニュー

お見積もり・ご相談は無料! 0120-642-456

お気軽にご相談を!

分散型電源についてご紹介しています。

一極集中型から分散型電源の時代へ

一極集中型から分散型電源の時代へ

CO2削減、エネルギー自給率向上を同時に解決する「分散型電源」は、未来型電力需給システムとして大きな注目を集めています。

分散型電源とは?

分散型電源とは?

現在の電力需給システムは、電力会社の大規模集中発電が主流となっています。一大消費地である都市圏からは遠隔にある施設にて発電された電力を長い送電線を通じて消費者に届けるという方法ですが、送電距離も長くロスが生じるばかりか、断線すれば送電もストップしてしまいます。これに対して、需要地に隣接して分散配置される小規模な発電設備全般のことを「分散型電源」といい、地産地消型エネルギーとして注目を集めています。特に、燃料電池を含む太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーを利活用した分散型電源は、CO2など温室効果ガスの削減に大きく貢献するとして、大きな期待が寄せられています。再生可能エネルギーや高効率の分散型電源を利用した循環型社会の構築は、エネルギー自給率の向上が喫緊の課題となっている国内事情に照らしても理想的なシステムだと言えます。

分散型電源のメリット

分散型電源のメリットとして、燃料電池やガスタービンなどの発電機を利用した際の廃熱を再利用(コージェネレーションシステム)でき、無駄のないエネルギー効率が得られる。ことが挙げられます。そのほかに、需要地に隣接して発電されるため送電ロスが少ない、災害時などの非常用電源としても活用可能なことなど、一極集中型に比べ、今後の日本にマッチしていると言えます。

分散型電源のメリット

出典:東京電力

  • スマートハウスの時代へ